セルフアーカイブ

記事がサブスクリプション(購読)モデルで公開されている場合、Springer Natureでは、embargo 期間後に、アクセプトされた原稿(accepted manuscript)を個人のウェブサイトや資金提供者または機関リポジトリにセルフアーカイブして、公開することができます。

 

Accepted manuscript(アクセプトされた原稿)は、peer review (査読) 後のバージョンですが、copy editing および type settingの前であり、アクセプト後の改善や修正は反映されていません。

 

Accepted manuscript を共有するときは、ここで定義されている使用条件に従って行われていることを確認する必要があります。

 

詳細については、オープンアクセスジャーナルページ下方にある購読モデルで公開された論文に関するセルフアーカイブ箇所を参照してください。

この回答は役に立ちましたか? はい いいえ

フィードバックを送信
お役に立てなくて申し訳ありません。フィードバックを残し、このアーティクルを改善するのにどうかご協力ください。